忍者ブログ

レイアース二次小説置き場 (Last One)

「魔法騎士レイアース」クレフ中心の長編小説を置いてます。

2020.01.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012.12.01
「屋根の向こうでは、しとしとと雨が降り続いていた。」

つづきはこちら からどうぞ。

――

目を覚ましてもしばらく、クレフは動けなかった。夢の中で握られた手のぬくもりが、まだ残っているようだった。

壁のない、屋根で床を覆っただけの簡易な東屋に腰を下ろしたまま、いつのまにか眠っていたらしい。疲れていないつもりだったが、大きな魔法を立て続けに使った影響は出てきているのだろう。空を覆う雲のせいで時間は正確に分からなかったが、あまり長時間寝入っていたわけではなさそうでほっとした。

屋根の向こうでは、しとしとと雨が降り続いていた。吹きこんできた風は涼しいと言うより肌寒く、クレフは立ちあがって腕を組んだ。ぐるる、と獣が喉を鳴らす音に振り返ると、グリフォンがその大きな翼を広げて東屋の外に立ち、雨風がクレフに当たらないよう、凌いでくれていた。
「すまないな」
精獣には、雨風くらいは何でもないと知ってはいたが、ずっと立っていたのかと思うと申し訳なくなる。慌てて手を差し伸ばすと、グリフォンは嘴を掌に磨りつけて甘えた。

ふわ、とその姿が消え、柱に立てかけていた杖にその姿が吸い込まれた。クレフの精獣だけに、主人が疲れていれば手に取るように分かるのだろう。消えたのも、主人の負担を少しでも減らそうとしてのことに違いない。
―― 精獣に気を使わせるようではいけないな。
クレフは一人、苦笑した。その場に誰もいなくなると、さぁぁ、と雨の音が大きく聞こえだした。景色に見入っていると、今しがた見ていた夢の続きを見ているような気分になる。それほど、さっきの夢はクレフにとって鮮烈だった。

厳密には、夢では――なかった。クレフが遥か昔に経験した、「現実」そのものだった。クレフにとって過去を夢として見るのは初めてではないが、滅多にないことではあった。それも、百年や二百年の昔ではない。クレフが初めて当時の『柱』に引き合わされたのは、4歳のころだったと記憶している。それなのに今の映像は、昨日起きたように鮮明だった。そして、クレフには分かっている。導師の見る夢には、偶発的なものはない。必ず、理由がある。今のタイミングで、その夢を見た「理由」。それは分かりきっていた。

「『……巫女』」

かつては、毎日のように口にした呼び名だった。幸せな時間は長くは続かず、過酷な思い出ばかりが記憶に残っているというのに、時折脳裏にふらりと現れる彼女の幻はいつも明るい笑顔で、クレフの心を惑わせる。もう、彼女がこの世を去ってから、738年の時が流れている。史上最高の『柱』と目されながら、彼女の治世はわずか10年で終わった。終わらせたのは――
「あと、一日だ」
クレフは、思いを振り切るように声に出して呟いた。

***

雨はすぐに小降りになり、雲の隙間から陽光がきらきらと輝きながら落ちてきた。城の向こうには山々が連なり、水蒸気が白く立ち上っている。しっとりと潤った緑の上に光が差し込む景色は、まるで天使が下りてきたように幻想的だった。鳥のさえずりが周囲にこだまし、どこからか波の音が聞こえてくる。この世界は美しい――祈りに似た思いが、全身を貫いた。どうかいつまでもこのまま、美しい姿でここに住む者たちを包み込んでいてほしい。永久の平和が不可能なことだとクレフほど分かっている者はいないだろうに、そう思わずにはいられない。感傷的になっている自分を自覚した。自分らしくもない、と苦笑する。はやく城に戻らなければ、と杖を手にした時だった。

「――クレフ。導師クレフ」
待ち望んでいた声が頭の中に響いた。クレフはハッと顔を上げたが、その声の主が目の前にいないことは分かっていた。
「ランティス。ヒカルも無事か」
「ああ。セフィーロは? チゼータの人々は着いたか」
「セフィーロは無事だ。チゼータの人々も、ここの生活に慣れつつある。怪我人は出ているが死者はいない」
互いに感傷にふけることもなく、無事を確認しあう。いつも通り抑揚のない声だが、ほっとしていることは分かった。そして同時に、かなり疲弊しているだろうことも容易に想像がついた。

「この周辺の大気は異常だ。そのせいで、通信ができないのだと思っていたが――」
「通信できるのは、今だけだろう。いずれまた途切れる」
クレフの確信を持った言葉に、ランティスはしばらく黙りこんだ。
「あなたは、何かが起こると言っていたな。あなたは、今起こっている予兆を掴んでいたのか?」
「ああ。今にして思えば、そうなるな」
「……。今起きていることの原因は分かっているのか」
「知っている」
ランティスは黙った。あまりにはっきりとクレフが肯定したのに驚いているのは間違いなかった。

「導師――」
「ランティス。『扉』を見たか?」
ランティスの言葉を待たず、クレフは鋭く尋ねた。彼が息を飲む気配があった。その時、ランティスの隣で誰かが話しかける声が聞こえた。声は途切れ途切れで何を言っているのか分からないが、ヒカルの声だということは分かった。ランティスが光に話しかけた。
「俺の肩を掴め。そうすれば導師クレフと話せる」
「……こう? クレフ! クレフ、聞こえる!?」
「ヒカルか」
疲弊していて当然の状況なのに、ヒカルの声には張りがあった。
「みんな無事か? 海ちゃんと風ちゃんは……」
「皆元気にしている。大丈夫だ」
クレフがそう返すと、ほっと息をつくのが聞こえてきた。

「導師。今、『扉』と言ったか」
ランティスの声が固い。ああ、とクレフは頷いた。
「扉……? クレフ、何か知っているのか? チゼータがこんなことになる直前に、空にまっ黒い扉みたいなものが現れたんだ。そこから、黒い波が吹きだしてきて、雨になって街に降り注いだんだ。そしたら、街が溶けて……一気に炎に包まれたんだ。……どうすることも、できなかった」
息せききって尋ねてきた光の声が、途中で沈んだ。しかしすぐに顔を上げたのだろう、声に強さが戻った。
「あの『扉』からはまだ、黒い波が生まれ続けている。あれを消すことができたら、波も止まると思うんだ。少しずつ近づいているんだけど――」
「その『扉』の色は、まだ『黒い』か?」
一瞬、ランティスと光が息を飲む気配があった。直接そちらを見て確認したのだろう、少しの間沈黙になる。
「うん。黒だよ」
やや置いて、光が答えた。
「そうか」クレフは頷いた。想像していたのと同じ答えだった。「その『扉』が出現していることが分かっただけで、十分だ。すぐにセフィーロに引き返せ」
「どういうこと?」
「お前たちが手を下すまでもなく、その『扉』はもうじき消滅するからだ。そうすれば、世界は正常に戻る」
「消滅……?」ランティスが不審げに問い返した。「誰が傷つくこともなく、可能なのか?」
「ああ」
「その『誰か』の中には、あなたも含まれているのか?」
「……」
思いがけなく発せられたその問いには、虚を衝かれた。そういうことを聞かれるとは思っていなかったし、考えてもいなかった。

「セフィーロへ戻れ、ランティス、ヒカル」クレフは穏やかな声で言った。「その頃には、全ては明らかになる」
「クレフ……」
「光」クレフは光に呼びかけた。「お前の名前は、異世界の言葉で『光』を差すのだな」
「……え?」
「これからのセフィーロには、お前が必要だ、光」
張りつめていた緊張を、意図的にふっと緩めた。すると、通信がぶつりと途切れ、二人の声はそれきり聞こえなくなった。やはり、あの『扉』の周辺の空気には、既に異常が発生しているのだろう。

セフィーロの周囲にバリアを張り、チゼータと、将来的にはオートザムの避難民のために新たな城を創った。そして気がかりだった、ランティスと光とも会話を交わすことができた。ひとつひとつ、自分が行ってきたことを数えるクレフの横顔には微笑があった。やがて、クレフは杖を手に東屋を後にした。雨は完全に上がっていた。


42につづく

拍手[16回]

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  BackHOME : Next 
ブログ内検索
忍者アナライズ

レイアース二次小説置き場 (Last One) wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]